2017年10月1日日曜日

10月奈良と11月東京ワークショップ、まだ申込み受付中です。

先日、心理士の災害支援研修会で講師としてハンナ・ソマティクスを紹介する機会がありました。災害トラウマをリラックスさせる方法として、身ひとつで、いつでもどこにいてもできるハンナ・ソマティクスは安全且つ効果的です。研修会ではっと気づいたのですが、トラウマって災害であれ虐待であれ、筋肉のレベルでは区別なく同じ現象が起こっています。つまり、トラウマの種類に関かわらず、身体のなかでは起こることは同じ、ということに改めて気がつきました。それはアディクションであっても同じです。アディクション・リカバリーでソマティクスを教えて10年になりますが、彼らもまた様々なトラウマ体験がバックグラウンドにあり、だからこそ、ソマティクスのようなリラクゼーションが必要で、効果を感じてくれているのだと思いました。
この秋のエレノア・クリスウェル・ハンナ先生によるワークショップでは、このあたり、詳細にお話ししてくれます。様々なトラウマー発達トラウマ、災害トラウマ、虐待などによる心理的・身体的トラウマなどーが身体(筋肉)にどのように無意識の影響を及ぼすのか、そして、無意識の緊張をリラックスさせるにはどうすればよいのか。そのしくみを理解し、実際に簡単なエクササイズを体験することで、より効果的に、効率よく、身体をリラックスさせることができるはずです。ワークショップ参加申込受付中です。今回は心理・福祉分野の方から多くお申込みいただいております。分野や技法を問わず、その理論とエクササイズを生かすことができます。ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。、😊