2018/04/12

ハンナソマティクス

ハンナソマティクスは、筋肉を意識的に緊張させて、それから自然にゆるまるところまでゆるめる体操です。筋肉の感覚と動きを意識しながら身体を動かします。

ハンナ・ソマティクスは、ヨガのように床の上で行う体操と、施術者と一緒に行う手技があります。床の上では重力が負荷となり、効率よく筋肉をゆるめます。手技療法では施術者が小さな負荷を与えることで、クライアントは筋肉の収縮を感じながら、意識的にゆるめることができるようお手伝いします

ハンナ・ソマティクスの目的は、筋肉からストレスを開放し、柔軟性を取り戻すことです。筋肉を柔軟にする方法を知っていると、疲れなを感じない身体にすることができます。

硬く縮こまった筋肉に覆われた身体は窮屈ですが、柔軟な筋肉になると、身体はより軽く自由になります。


★★★★★★★★★★★★

ハンナ・ソマティクスのワークは「センサリー・モーター・アムネジア」と呼ばれる理論に基づいて行われます

センサリー・モーター・アムネジアとは何か

   ・慢性的(自動的/機械的/習慣的)な筋肉の緊張
   ・感覚と運動の記憶喪失
   ・無意識

    
センサリー・モーター・アムネジア は、身体が繰り返しストレスを受けることによって起こります。毎日のストレスに筋肉が絶え間なく反応するうちに、
筋肉の収縮が習慣化し、リラックスすることを忘れます。

慢性的な筋肉の収縮は脳幹レベル(無意識・反射的)で起こります。

そのため、私たちは気づくことができません。
収縮を止めてリラックスすることができないので、
筋肉は無意識のうちに収縮を続けます。


例えば、肩こりや腰痛は知らないうちに起こります。
気づくと肩がはっていたり、腰が痛かったりします。

慢性化した肩こりや腰痛は、本来のリラックスした状態を覚えていません。
動きも制限され、感覚だけでなく、本来の自由な動きも忘れています。

この“感じること”と“動くこと”を忘れてしまった状態が
センサリー・モーター・アムネジア です。


慢性的な肩こりや腰痛だけでなく、姿勢の歪みなど、様々な身体的問題がセンサリー・モーター・アムネジアによって起こります。


センサリー・モーター・アムネジア は日々のストレスだけでなく、
戦争や災害など、幼少期からのトラウマとなるような悲惨な出来事、
あるいは大きな事故、手術などによっても起こりえます。



センサリー・モーター・アムネジアは解消できる


感覚と動きをもう一度意識することで、
脳幹レベルの無意識の収縮を意識化し、
筋肉のコントロールを脳幹レベルから大脳皮質レベルにシフトさせ、
筋肉を随意的にリラックスさせます。

筋肉の柔軟性と弾力性を取り戻すためには、
からだを意識すること、つまり感じること、意識して動かすことがとても大切です。



ハンナ・ソマティック・エクササイズ

ハンナ・ソマティック・エクササイズは、センサリー・モーター・アムネジアを効率よく解消できるよう考えられています。エクササイズのなかで、からだの特定の筋肉に意識を向け、感覚を意識化することが大切です。一旦は収縮させ、それからゆっくりと少しずつゆるめることで、無意識の収縮を意識的にリラックスさせ、筋肉の弾力を取り戻していきます。


老化現象



私たちは通常、肩や腰など身体の節々が痛くなったり、硬くなると「老化」と考えます。ハンナ・ソマティクスでは、老化による身体の痛みや凝りは、習慣的に筋肉を使わなくなることで老化と呼ばれる現象が起こると考えます。


トーマス・ハンナ


米国の哲学者である、トーマス・ハンナ(1928-1990)は、
カリフォルニア州ノバトでソマティック研究所(Novato Institute of Somatic Research and Training)の設立し、ハンナ・ソマティック・エデュケーション・トレーニングを開始しました。イスラエル出身の物理学者、モーシェ・フェルデンクライスと親交が深く、
1975年に米国初のフェルデンクライスメソッドのトレーニングを開催し、米国に広くそのボディワークの手法を紹介しました。ハンナ・ソマティクスはフェルデンクライスメソッドを基礎としています。

2018/03/06

ハンナ・ソマティクスワークショップ in 大阪

4月8日の大阪のワークショップは
以下のように内容と価格を変更してお届けします!



施術にマンネリ化しているセラピストの方の為の
日本で唯一の体を壊さない全く新しいヨガ【ハンナソマティクス】を大公開します!

ヨガ教師、体操インストラクター、整体師、鍼灸師、ジムトレーナー、理学療法士、ボディワーカー、心理士他

メリット:

・すぐにクライアントに教えたくなる

・「伸ばすより縮める」常識の逆をいく身体の緩め方について知ることができる

・身体の緩むしくみを神経学的に理解することができる

・毎日のセルフケアのために使うことができ、短時間で身体をリセットさせることができるようになる

・高齢者や身体の不自由な方、硬い方のために、安全で怪我のない身体の動かし方を指導することができるようになる。



内容:
午前中(10:00~12:00)座学あり

オリエンテーション
神経生理に基づくストレスと脳
座ってできるエクササイズ


午後(13:00~16:30)休憩有
前半 ハンナソマティクスのベーシック:キャットストレッチ
後半 参加者やクライアントのお悩みにあったエクササイズ紹介

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ソマティクスとは?
ソマティクスのソマはギリシャ語で生きている身体、
1960年代にアメリカで、心と身体を一つにする療法としてソマティクスが生まれました。

ハンナ・ソマティクスはフェルデンクライスメソッドから発展した、受け身ではなく能動的に自分で身体を動かすことで、心も身体も楽にする手法です。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ワークショップ日時:
4月8日(日)10時ー16時半

場所:Freestyle Move 大阪府 大阪市 北区 豊崎 3丁目-6-8TOビル 7F


定員に限りがございますので下記お申込み先よりお早目にお申込みください。

料金:午前の部 1500円(当日会場にて承ります)
   午後の部 1500円(当日会場にて)
  


お申込み先:masakohirasawa@gmail.com(平澤昌子)
080-1875-8983(平澤)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワークショップ前日に個人セッションも行います。
個人セッションは手技療法で、お悩みに合わせた内容になります。
 
先着3名

時間:①14時ー予約済 ②16時ー予約済 ③18時ー予約済み
個人セッション料金は90分13000円

個人セッションは全て予約済みとなりました。


お申込み方法はワークショップと同様です。

講師 平澤 昌子(ひらさわまさこ)
日本で唯一の公認ハンナ・ソマティック・エデュケーター
臨床心理士。米国カリフォルニア州ソマティクス研究所にてハンナ・ソマティクストレーニングアシスタント。札幌にてハンナ・ソマティクスのワークショップ、個人セッションを行う。依存症の回復施設や北海道ダルクにてソマティクスやヨガを教えている。somaics.jp

2017/12/18

札幌ミニワークショップのお知らせ

札幌でミニワークショップを開きます。

ソマティクスとトラウマー身体を感じることはさほど重要じゃなかった!感じれなくても大丈夫!その理由とやり方について。



・ソマティクスは感覚と運動神経をフルに活用して行うエクササイズですが、この秋来日したハンナ・ソマティクスのエレノア・クリスウェル・ハンナ先生との対話を通して、私が認識を新たにしたソマティクスについて、トラウマをテーマにしてみなさまにお伝えします。

・トラウマがあると、自分を守る手段として無意識に身体を感じない選択しています。そのような場合でもソマティクスは適用できます。それは何故かをお伝えします。

・理由がわかると、エクササイズの活用の幅が広がります。ご自身のために、またクライアントのためにより安全に使えます。

・ソマティクスは椅子に座ったままできます。ワークショップでは座ってできるソマティクスと床のワーク両方を行います。

★先日、韓国のトラウマセンター主催の研修会で、ソマティクスを紹介する機会を頂きました。今回のワークショップはその時のプレゼンテーションを元に行います。


場所:札幌市東区北33条東5丁目1-1エクセレムビル4F 

   NPO法人リカバリー

日時:1月20日(土)午後2時~5時まで


料金:5千円


お申込み方法:お問合せ,欄 メールまたはお電話で
masakohirasawa@gmail.com
080-1875-8983(平澤)

動きやすい服装でお越しください。ヨガマットはこちらでご用意いたします。





感謝とお礼

10月の関西ワークショップは無事終了し、エレノア先生、そして参加してくださった皆様と一緒に、奈良の信貴山にて素晴らしいひと時を過ごすことができました。ソマティクスについて初めて知った、トラウマについて認識を深めることができたなど、様々な感想をいただきました。心と身体のつながりについて改めて考える機会になったのではと思います。参加者のみなさま、ありがとうございました!

そして、11月の東京のワークショップは、残念ながら講師のエレノア・クリスウェル・ハンナ先生の急病のため、キャンセルとなりました。たくさんの方からお申込みいただき、また早くからお申込み頂き楽しみに待っていて下さった方々もいましたので、本当に申し訳なく残念に思っています。エレノア先生、無事に帰国し現在は自宅で術後のリハビリと休養をとっております。来年の1月からは、ノバト研究所にてまたハンナ・ソマティクスのトレーニングが始まりますので、その準備に励んでいるとのことです。みなさまからは温かいメッセージをたくさん頂きました。ありがとうございました。


2017/10/24

東京のワークショップの参加申込みはまだ受け付けいます。

エレノア・クリスウェル・ハンナ博士をご招待してのワークショップ、
いよいよ間近となりました。

トーマス・ハンナがつくったハンナ・ソマティクス。
私が自分の大切なカラダと全然つながっていないことに気づかせてくれたのは、このワーク。それから、自分のカラダの声をもっと聞けるように助けてくれたのもこのワークです。ハンナ・ソマティクスを教え始めて、多くの人が、やっぱり自分のカラダを大切にすること、カラダを意識することを学んでくれました。

ハンナ・ソマティクスは、私たちが自分らしく、自由に生きていくために、とても大切な知識とスキルを私たちに教えてくれます。

今回のワークショップは、そのハンナ・ソマティクスに人生を捧げてきたエレノア・クリスウェル・ハンナ博士が教えます。

日本でエレノア先生のハンナ・ソマティクスを体験できるまたとない機会です。
ひとりでも多くの方に参加していただきたいワークショップです。

関西はあと数名ですが受付可能です。

東京は会場が広いので50名でも余裕のあるお部屋です。すでに多くのお申込みをいただいておりますが、まだ受け付けております。

お申込み方法は、
masakohirasawa@gmail.com
080-1875-8983
平澤宛てにご連絡ください。

ご連絡後に、こちらから参加費お振込み口座と詳細をご連絡いたします。
ご連絡お待ちしております。



2017/10/01

10月奈良と11月東京ワークショップ、まだ申込み受付中です。

先日、心理士の災害支援研修会で講師としてハンナ・ソマティクスを紹介する機会がありました。災害トラウマをリラックスさせる方法として、身ひとつで、いつでもどこにいてもできるハンナ・ソマティクスは安全且つ効果的です。研修会ではっと気づいたのですが、トラウマって災害であれ虐待であれ、筋肉のレベルでは区別なく同じ現象が起こっています。つまり、トラウマの種類に関かわらず、身体のなかでは起こることは同じ、ということに改めて気がつきました。それはアディクションであっても同じです。アディクション・リカバリーでソマティクスを教えて10年になりますが、彼らもまた様々なトラウマ体験がバックグラウンドにあり、だからこそ、ソマティクスのようなリラクゼーションが必要で、効果を感じてくれているのだと思いました。
この秋のエレノア・クリスウェル・ハンナ先生によるワークショップでは、このあたり、詳細にお話ししてくれます。様々なトラウマー発達トラウマ、災害トラウマ、虐待などによる心理的・身体的トラウマなどーが身体(筋肉)にどのように無意識の影響を及ぼすのか、そして、無意識の緊張をリラックスさせるにはどうすればよいのか。そのしくみを理解し、実際に簡単なエクササイズを体験することで、より効果的に、効率よく、身体をリラックスさせることができるはずです。ワークショップ参加申込受付中です。今回は心理・福祉分野の方から多くお申込みいただいております。分野や技法を問わず、その理論とエクササイズを生かすことができます。ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。、😊

2017/09/14

東京で個人セッションやります。

9月30日、10月1日、2日の三日間、東京で個人セッションやります。
ご希望の方はお問合せよりご連絡くださいませ。

施術90分13000円です。
場所は高田馬場徒歩2分(詳細は予約時にお知らせいたします)

予約までの流れ

ご連絡をいただきましてから、お部屋の予約をします。空き状況によってはご希望に添えない可能性もありますのでご了承願います。お問合せ欄より、ご希望の日時を第2希望くらいまでお知らせいただけると幸いです。

ハンナ・ソマティクスの個人セッション、体験したいという方是非ご連絡ください。


写真は札幌のセッションルーム